画像リサイズプラグイン『Imsanity』 ホームページ 制作 運営 相談

無料メール相談 ホームページ制作運営相談室

業者選びのポイントSEO対策についてよくある質問サービス内容会社概要

トップページ >> 画像リサイズプラグイン『Imsanity』

画像リサイズプラグイン『Imsanity』

2017年12月19日

サーバーの容量がなんか異常に増えるの早くない?
などとサーバー会社の闇を感じることあれば、ぜひこちらのプラグインをお勧めします。

ワードプレスで写真を使ってブログを書いていると、異常な速度でサーバー容量が膨らんでいきます。

これはワードプレスが1枚の写真に対して、複数枚のリサイズ画像を作ることが原因です。

『設定』⇒『メディア』

こちらの画面で設定したものがすべて、画像ファイルとして保存されます。
おまけに最初にアップした画像までアップされます。

つまり、初期状態だと、写真を一枚アップするだけで、4枚分も各サイズで登録されてしまうのです。
これではサーバーがすぐにいっぱいになってしまいますね。

ですので、上記写真のようにすべての画像のサイズに0を入れ、リサイズをさせないようにしましょう。

これで、余計な画像の複製は避けられますが、次の問題が出てきます。
それは写真が元のサイズで表示されてしまうということです。

おそらく、今回のような問題で悩む人は、
スマホやデジカメで撮った画像をそのままワードプレスにアップする人たちです。

そのため、そのまま画像を張り付けようものなら、投稿のレイアウトは壊れ、大変なことになってしまうでしょう。

そこで、今回ご紹介するのが、画像自動リサイズプラグインの『Imsanity』です。
『プラグイン』⇒『新規追加』から、簡単にインストールが可能です。

こちらを有効化すると、『設定』に『Imsanity』の項目が追加され、
そちらの『Images uploaded within a Page/Post』の部分で入れたサイズで
アップされる画像のサイズを決めることができるようになります。

サイズは上記メディアの設定でいつも使っていた、サイズと同じ数字を指定すれば、
特に違和感なく、移行できるはずです。

これさえ入れて、設定しておけば、アップした画像は常に指定したサイズになりますので、
そのままの画像を表示しても、希望のサイズで統一されるようになります。

表示も早くなり、サーバーも軽くなり、無駄なアップロードも減る。
便利なものですので、画像をたくさん使ったサイトを長く運営する場合には早めに導入をお勧めします。