「女性向け」一覧

公開:2018年01月09日

恋愛が恐いと考えている人の多くは男性不信、もしくは自分に対する自信のなさから来ています。

その中でも多いのが、男性による不誠実行為からのトラウマです。

いくつかトラウマを抱えてしまう例を上げていきますので、どんなコトがトラウマになるのかを見ていきましょう。

恋愛が怖い女性の特徴【過去のトラウマ編】

過去の恋愛トラブル(交際中)

浮気や暴力、騙されたなど、心がズタズタになるほどひどい傷を負うと、もう二度と恋愛なんてしたくないと考えてしまいますよね。

他にも、付き合っていたときは良かったんだけど、別れる間際、もしくは別れた後にひどい経験をしてトラウマになるケースもあります。

別れた後にストーカーのように付きまとわれてしまうと、本当に恐いです。信じていた分、裏切られたときの気持ちは何倍も苦しいものになるでしょう。

実はセフレだった

付き合っていると思っていたのに、実は肉体関係だけだった。浮気よりショックは大きいですよね。本命が別にいるのですから……

それが一度だけなら、新しい恋をすれば、立ち直れるかも知れませんが、何度も続いてしまうと、どうしてもトラウマになってしまいます。

そもそも、セフレとして付き合おうとしてくる相手は、口がうまく、見た目も悪くない場合が多くない。恋人として理想に見えてしまいます。

慣れた相手には注意が必要ですが、慣れていない相手だと不安になってしまいます。ジレンマです。

人の見分け方は経験と実績を積むしかありませんが、思春期の頃から騙されてばかりだとさすがにもう恋愛なんて嫌。そう思ってもしかたありませんよね。

幼少期の父親とのトラウマ

女性が男性を見る場合、自然と基準にしてしまうのが父親です。父親が母親や自分にどんな態度で接していたのか、それを元に相手の男性を判断します。

父親よりも優しい態度なら、優しい男性と考えるものです。

その大事な基準となると父親が、もう本当にどうしようもない人だったら……考えるのも恐いですが『男なんて大嫌い!』と思ってしまうでしょう。

子どもの頃、特に幼少期の思い出は、歳を取っても強く記憶に残ります。そのため、この手のトラウマを持っている場合は、本当に苦しい思いをされてきたはずです。

でも、安心してください。父親よりも良い男性なんて、この世にはたくさんいます。
父親が全ての男性の基準ではないと、思い込んでも大丈夫です。

必ず、素敵な男性と知り合いになれるはずですから。

叶わない恋が多かった

好きな人と付き合ってトラウマになる人もいれば、好きな人とまったくうまくいかずにトラウマになる人もいます。

告白が失敗続きとか、片想いの人が別の人と付き合うなど、報われない恋をたくさんしてしまうと、恋愛に対して臆病になってしまいます。

女性の場合、特に恋愛で心に傷を負い、自分に自信をなくしてしまうケースが良くあります。

このような状況になると、ますますダメになっていくことが多いです。

自信ない人間よりも自信のある人間の方が素敵に見えますので、落ち込んでいるとどうしても、近寄りがたくなってしまいます。

なんとか、自信を取り戻したいところですよね。

男性がもともと苦手

父親とか付き合っている相手から嫌な目に合わせられたことがなくても、そもそも男性が苦手だという人もいます。

野蛮だとかがさつだとか、本来、男らしさの象徴であることがどうしても、嫌になってしまうような状況です。

このタイプになりやすい人は、生来、気が少し弱く、控え目な性格で、他人からひどいコトを言われても、笑って誤魔化してしまうような人でしょう。

人は嫌なコトを嫌と言わないと、自分の中で負の感情がだんだんとたまっていきます。その結果、嫌なコトがありそうな場所から逃げてしまうようになるのです。

男性がもともと苦手という人は、このように嫌なコト、嫌な目などに何度もさらされて、トラウマになり、男性を避けるようになってしまったのでしょう。

嫌なコトがありそうな場所には近寄りたくない。
わからない感情ではありませんよね。

恋愛が怖い女性の特徴【自分の内面編】

マイナス思考で自信がない

思考パターンと言うのは人によって様々で、1つの物事に対して、プラスに考える人とマイナスに考える人がいます。

例えば、コップに水が半分入っていたら、あなたはどう思うでしょうか?

1.まだ水が半分残っている。
2.もう水が半分しかない。

答えを言うと、1がプラス思考で、2がマイナス思考です。

マイナス思考は危機管理能力としては優秀ですが、他人と付き合う上では不向きです。なぜなら、人の悪いところが先に目についてしまうので、他人をなかなか信じられません。

信じていない相手からは、信じてもらえませんので、恋愛という一面だけで考えても、プラスになることはないでしょう。

その結果、周りがみんな恋愛をしているのに、自分だけが恋愛できない。自分には魅力がないと間違った考えを持ってしまうのです。

思考を少し変えるだけで、周りからの反応がウソみたいに変わるとしたら、勿体ないですよね。

免疫がない

女子校などの女子ばかりの環境で育つと、少し偏った考えを持ちがちです。

弟や兄などがいれば、また違うのかも知れませんが、姉妹ばかりで周りも女子しかいない、そんな環境で育ってしまうと、男に対してどうすれば良いのかわからなくなってしまいます。別の生き物のように見えてしまうのですよね。

今は男女雇用機会均等法などによって、男女は同じものだと言われていますが、生来、男と女ではその役割が違います。

子どもの出産だけを考えても、性別の差は歴然です。どんなに法律で制限しようともこの部分を変えられない以上、全く同じに扱うのは無理があります。

男性は男性としての考え方があるし、女性には女性としての考え方があるのです。

ですので、女性ばかりの環境で育ってしまうと、自分が当たり前だと思っていることが通用しません。男性が何を考えているのか全くわからないのです。

男女でもともと役割が違うことによって起こる弊害なのですが、本能部分ですので男性も変えようがありません。その結果、男性といると疲れるなどの、マイナス感情を抱くようになってしまうわけです。

興味はあるけれども、謎すぎて近寄りがたいという感じですね。

自己愛が強い

自分の価値を必要以上に高く感じていると、周りから人がいなくなってしまいます。

平凡な容姿の人間に、モデルでトップを張れるような、素敵な容姿の人間が近づいてくるでしょうか。まあ、普通に考えればありえませんよね。

しかし、自己愛が強すぎる人は、そこが見えていません。

いつまでも自分にはそれだけの価値があると思っているので、モデルでもトップクラスの人間を求めてしまうのです。経済面だけで見るなら、セレブクラスを求めているようなものですね。

誰しもが、思春期に素敵な人に恋い焦がれるのは無理はありません。だけど、多くの人は高嶺の花を経験して、自分なりの価値を見出していくのです。

だけど、自己愛が強い人は失敗を嫌います。告白して振られてしまったら、自分の価値を否定されたことになるので、告白などしようともしません。

ですので、正確な自分の価値を計りかねているのです。
自分を愛する感情も重要な要素ではありますので、否定はしません。

ですが、自分の価値を決めるのは自分だけではなく、周りの人間も必要だと周りの言葉にも耳を傾けていきたいものですね。

トラウマにはこんなケースもあります

恋愛をすると誰でも少し頭がおかしくなります。幸せすぎて周りが見えなくなってしまう状態です。だけど、この状態が少し強すぎるなんて人を見たり、体験したりすると、恋愛がトラウマになってしまう場合もあります。

自分で自分を制御できなくなるような状況ですね。

依存体質

恋人に依存してしまい、何をするにも彼のコトが気になります。
彼氏がとにかく大事で、一番にしてしまうため、周りから「おかしいよ」と言われても、平気で突き進んでしまいます。

それがうまく成就して、結婚してしまえば良いのかも知れませんが、多く場合、恋愛は破綻します。結婚できる相手が一人しかないと考えれば、成就する確率が低いのも当然です。

しかし、恋人に入れあげていた分だけ、それが破綻してしまったときのショックは大きいものになります。そこから何とか立ち直った後に、もう二度とあんな目に合いたくないと男性を避けてしまうのも無理はない話です。

気を遣いすぎる

人は相手のことを好きであれば好きであるほど、嫌われたくないという感情が働くようになります。

そのため、自分が無理をしてでも相手にあわせようとしてしまう場合もあるのです。とくに女性はこの傾向が強いでしょう。

彼の為に我慢する。まるで美学のように語られていますので、我慢するのはいいコトのように思えてしまいます。

ですが、我慢すればするだけどこかで破綻します。それは体を壊すかも知れませんし、精神を病んでいくかも知れません。

いつかどこかで爆発して、大きな傷となってしまうので、出来るだけ我慢の少ない恋愛を心がけていきたいですね。

つい試すようなことをする

わざと相手がヤキモチを焼くような行動をする。子どもっぽい感情ですが、どうしてもそんなことをしてしまう人間が少なからずいます。

意地悪をして、相手を少し困らせたいと言う感情ですね。決して悪気はないのですが、結果として悪いことに繋がってしまいます。

そんな自分を自覚している女性は、恋愛を怖がります。相手を傷つける自分が嫌になると言った方が良いかもしれません。

性癖のようなものですので、治すのも難しい問題です。だけど、世の中には少しいじめられているくらいでちょうどいいと言う人もいますので、完全に恋愛に向かないというわけでもありません。

少しの意地悪で楽しんでくれる相手を見つけることが大事です。

恋愛が怖くて、まだ無理な人は……

トラウマについて色々と話してきましたが、原因がわかったところで、何でも解決出来るわけではありません。

『お化けなんていない』

常識的に考えれば当然の話ですが、それでもお化けは恐いものです。夜中トイレに行くときに、真っ暗な闇の中に何か潜んでいそうな恐怖もぬぐい去るのは多分、何歳になっても無理でしょう。

恋愛に関しても同じです。どんなに理論を並べても恐いものは恐いですし、無理なものは無理なのです。

ですので、どうしても恋愛が恐いと思うなら、自分の為だけに時間を使い、新しい恋愛をしていいと思えるまで、時間を有意義に使っていきましょう。

同性と思い切り遊ぶ

恋人との語らい、触れあいは何にも勝るものはありますが、同性の友だちとだって楽しいことはたくさんあります。

たわいのない話をしているだけでも、気が紛れますし、気分転換になります。
悩みを打ち明けることで、スッキリする場合もあるでしょう。

恋愛にのめり込んでいるときは気づかないことを探してみる良い機会ですね。

おいしいものを食べる

食欲は何にも勝る感情であるように、おいしいものを食べることで嫌なコトを忘れると言うコトもあります。

嫌なコトがあると食欲も落ちてきてしまいますが、そこで体を壊してはますます悪化してしまうだけでしょう。

たくさん食べるというイメージではなく、少量でも良いので、本当においしいものを食べ、幸福を満たすことが重要です。

一人旅してみる

女性が一人で旅をするのは危険な面もたくさんあります。それでも誰も知り合いがいない土地へ行ってみるのは、大きな気づきがあるでしょう。

当たり前だと思っていた友人達も周りにはいませんので、大事な友だちだったことに気がつくかも知れません。

両親や家族がどれだけ優しかったのか思い知るかも知れません。

とにかく、誰も知り合いがいないところへ一人で行くのはたくさんの学びがあります。当たり前だと思っていることが、実は当たり前ではなかったと気がつく。

今の自分から、必ず変われるはずです。

趣味に没頭してみる

人生が本当に楽しいのは、趣味の時間と言っても過言ではありません。

趣味が充実していると、交友関係も広がりますし、視野も広くなります。おまけに毎日に張りが出てくるはずです。

趣味にもよりますが、楽しんでいるうちに、知り合った男性と意気投合し、付き合いだし男性不信が治ってしまうコトもあるでしょう。

まあ、それは希望的観測ですが、それでも体を動かせばなにかが変わりますので、何もやらないような状況であれば、ぜひ、何か趣味に没頭してみましょう。

いきなり人前に出るのはハードルが高いという人も多いでしょうから、最初は一人でもやれるようなことをはじめて見るのが良いかもしれません。

ブログを立ち上げて見るとか、小説を書いてみるとか、手芸をやってみるとか、趣味の世界は本当に広いので探せばたくさん見つかるはずです。

とにかく人に話してみる

願いは口にすると助けてくれる人が現れるように、悩みも口にすると助けてくれる人が現れます。

過去の恋愛などで辛いことがあった場合には、信頼できる人に話してみるのも良いかもしれません。また、ネットでの匿名の相談なども試してみる価値があります。

カウンセラーのような専門家に尋ねるのもいいですね。

色々と相談し、たくさんの意見をもらうことで、自分が何と向き合えば良いのか見えてくるはずです。

解決出来ない悩みを持つことはありません。解決手段さえ見えてくれば、きっと嫌なコトも思い出に変わっていくでしょう。

日記をつけてみる

言葉にするのは苦手だという人もいます。そんな人は日記をつけたり、文字化する方法もあります。

言葉よりも文字を改めて読み返した方が自分が悩んでいることを冷静に見ることが出来ますので、長期的な解決方法が見えてくるはずです。

ただし、文章には力があります。ですので、自分を責めるような内容は書かない方が無難です。

冷静に自分を責める文章を読み返すと、とても落ち込んでしまいますので、できるだけ自分を肯定するように書いて、読み返して少し笑えるように仕上げられると最高です。

言葉にするのが苦手な人はぜひ、日記をつけてみましょう

男性不信をどうにか克服したい人へ

今すぐに成果を出そうと思ったら、行動するしかありません。だけど、その時、決して無理は禁物です。余計に男性不信が強くなる場合もあります。

出来るだけ手軽に、男性不信を取り除く方法を見ていきましょう。

遊ぶときは男友達も混ぜる

女性だけで遊んでいてもいつまでも男性不信は治りません。だけど、いきなり二人は恐いですよね。そんなときはグループ単位で遊ぶように心がけてみれば、以外とスムーズに男性と接する機会が出来るはずです。

男性と話すことが増えれば、男性に対する不信も少しずつ和らいでいきます。

たくさんの人と会う

自分が知っている人間なんて、世界規模で見れば、極々少数にすぎません。であれば、もっともっとたくさんの人と会ってみるのが良いでしょう。

中には信じられないほど、誠実で、素敵な人もたくさんいます。気が合う人だってたくさんいるはずです。

異性と親友となる人だっているのですから、極々少数しか知らない現状で、全てを悟った気になるのは勿体ないです。

特に女性の場合、出会う方法はいくらでもあります。

恋愛アプリや街コンなど、女性の参加はすごく簡単で、低額もしくは無料です。
もちろん、一人で参加となると難しいと思うかも知れません。

最初は友だちと一緒でもいいので、いろいろと出会うきっかけを増やしてみましょう。たくさんの人との出会いが確実にあなたを変えてくれるでしょう。

最近では相席屋などの飲食店も増えました。
そんなところも面白いかも知れませんね。

傷づくことを恐れない

怖がっていても何も変わりません。歩けるようになるには、転んででも歩く練習が必要です。

男性に慣れるのも同様に、近づいて見てたくさん傷を負って、初めて気がつくこともあるでしょう。

そして、それ卑下せずに受け入れることが出来れば、人は傷の数だけ強くなれます。

自分を信じて、一歩前に踏み出してみましょう。

男性を信じてみる

男性不信を治すには、男性を信じれる勇気が必要です。
だけどそれが難しいのですよね。

そんな時、オススメなのが、相手との約束や頼み事をしてみることです。

簡単なコトでも構わないので、自分から何を提案してみましょう。たったそれだけのことですが、何かを依頼して、こなしてもらえば信頼につながっていくはずです。

それを何度か繰り返しているうちに、信頼関係は築かれ、その相手には心を開けるようになるでしょう。

きっかけはあなたからの簡単な依頼です。ぜひ、試してみて下さい。

周りの恋愛事情を聞いてみる

自分だけが特別だと思うと、人は閉じこもり気味になってしまいます。
少し周りに目を向けてみるのも良い方法です。

あなたの親友や友だちはどんな恋愛をしているでしょうか。

本当に幸せそうな人もいれば、自分よりもひどい恋愛をしている人もいるはずです。それでもめげずに頑張っている人がいたら、少し違った目線で考えられるようになります。

世界は広いのです。自分だけの殻に閉じこもらずに周りにも目を向けてみましょう。なにかが違った風景がそこにあるはずです。

恋愛ドラマ/映画などを観る

成功事例は何も友だちだけではありません。ドラマや映画でも男女がいれば恋愛をしています。憧れるような素敵な恋愛もあるはずです。

自分なりの理想の恋人像を知るのは重要ですが、どんな女性が好まれているのか知るのも重要です。

幸せになれる人は幸せになるための努力をしているのですから、ヒロインの行動から何か学ぶものがあれば最高ですよね。

できるだけ多くの恋愛に触れ、自分の理想となれるように、少しずつ自分を変えていきましょう。

まとめ

たくさんの解決方法を提案してきましたが、結局のところ、解決するのは自分しかいません。時間が解決してくれるコトもあるでしょうが、またなにかあったら逆戻りです。

本当の意味で解決したいなら、ぜひ自分の力で行動して下さい。
避けていると、どんなものでもドンドン苦手になっていきます。

この世には、悲しいこと、辛いこと、たくさんあります。
だけど、同じ数だけ、楽しいこと、幸せなこともあるのです。

トラウマだからと言って諦めないで、自分を信じて頑張ってみましょう。
きっと人生はもっともっと楽しくなるはずです!

一緒に読まれている記事

関連する内容の記事

アドイメージ
アドイメージ
アドイメージ

あなたのホームページを素敵にプロディース

ホームページの悩みをすべて解決します!

  • きちんと結果の出るホームページにしたい
  • 今のホームページを新しく作り替えたい
  • ホームページをもっと効果的に運用したい
  • ホームページの定期的アドバイザーが欲しい

お気軽にご相談下さい