【PHP】データをCSVに書き込む

公開:2018年05月07日(最終更新:2018年05月15日)

コードの紹介

コードの説明

  1. $files = "data.csv";ここでファイルのパスを設定します。
  2. if(!file_exists($files)) ファイルが存在しなければ{touch($files);}で作成
  3. $f = fopen($files, "a");ファイルをオープンします
  4. if( $f ){}でファイルを確認し、存在すればfile_put_contents();で$filesに$valの内容を書き込む。

応用

arrayを使用すると複数の列項目を一行で保存することも出来る。今回の例で言うと$val = array("要素1","要素2");のような形で増やせる。

まとめ

チェックなどを省き、ファイルに書き込むだけなら3行で出来ます。

CSVでの保存は非常に簡単でPHPを使う上でかなり使いやすいファイルです。
でも、多くの人が使っているため文字コードに注意しておかないと文字化けに悩ませられることも多い。注意しておきたいところですね!

弊社では、ホームページの制作・運営に携わることなら何でも相談を受け付けています。
PHPなども制作可能ですので、お気軽に無料相談よりご連絡下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

一緒に読まれている記事

関連する記事

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

弊社はホームページの悩みをすべて解決します!

ご相談は下記からお気軽にご連絡ください!

  • きちんと結果を出せるホームページにしたい
  • 今のホームページを新しく作り替えたい
  • ホームページをもっと効果的に運用したい
  • ホームページの定期的アドバイザーが欲しい