テンプレートに著作情報を入れる

公開:2012年10月14日

スタイルシートの文頭に以下のコメントを表記すると、テーマとして認識されます。

wp-content/themes/hogehoge/style.css

/*
Theme Name: テーマ名
Theme URI: 配布先URL
Description: ディスクリプション
Version: バージョン
Author: 著作者名
Author URI: 著作者のHPのURL
*/

一緒に読まれている記事

関連する記事

  • WordPress

    ワードプレスの導入

    ワードプレスの導入に不安な方から「ワードプレスって本当に効果ありますか?」という質問をよく受けます。その度にはっきりと言っていますが、もはや知識もない人でも運営が出来てしまうほどWordpressの効果は圧倒的です。 入...続きを読む

  • WordPress

    タグの入力がある場合のみ表示させる方法

    WordPressの便利な機能の1つに条件に応じて表示、非表示を選べることです。それが条件文1つで簡単に実現できるから嬉しいですよね。ではさっそくソースを紹介します。 入力があるか調べて表示させる 今回の例はタグの入力が...続きを読む

  • WordPress

    テンプレート名

    ヘッダーを呼び出す <?php get_header(); ?> コメントのテンプレートを呼び出す <?php comments_template(); ?> サイドバーのテンプレートを呼び出す ...続きを読む

  • WordPress

    WordPressのおすすめプラグイン

    ワードプレスの素晴らしい点は無料でブログシステムが使えるということですが、 さらにその性能を倍増させるものがプラグインです。 はっきり言ってプラグインを入れていけば、かなり高性能なものが作れます。 しかし、問題はプラグイ...続きを読む

  • WordPress

    外部からワードプレスを読み込む

    <?php include_once “インストールしたフォルダ名/wp-load.php” ?> wp-load.phpをincludeしてはじめに読み込んであげればOK 例続きを読む

  • WordPress

    bloginfoについて

    <?php bloginfo(); ?>は、WordPressの設定情報を出力するテンプレートタグ。 <例> <title><?php bloginfo(‘name’...続きを読む

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

弊社はホームページの悩みをすべて解決します!

ご相談は下記からお気軽にご連絡ください!

  • きちんと結果を出せるホームページにしたい
  • 今のホームページを新しく作り替えたい
  • ホームページをもっと効果的に運用したい
  • ホームページの定期的アドバイザーが欲しい