トップページなど特定のページで表示を変えたい

公開:2013年11月07日(最終更新:2018年05月24日)

WordPressを使っているとカテゴリー別に画像を変えたり、ページごとに表示を変えたい部分がでてくると思います。

今回紹介するのは、条件文を追加して特定のページでのみ表示させたり、逆に表示を消したりする方法を紹介! これを覚えればページごとにヘッダーの画像が変わるオシャレなホームページが作れますよ!

コードの紹介

条件文のis_home()で行います。

is_home()がある場合、ここに『!』がつく(!is_home())と否定の意味になります。is_home()の他に、is_page()やis_single() やis_category()なども使用できますので、()の中にIDを指定することで、特定のページでのみ表示されるプログラムが完成します。

条件分岐タグ

is_single()  //投稿のページか調べる
使用例 is_single( ’17’ )  //ID17の投稿を指定

is_page() //固定ページか調べる。
使用例 is_page( ’42’ )  //ID42のページを指定

is_page_template()  //テンプレートを使っている投稿を調べる
使用例 is_page_template(‘about.php’)  //about.phpのファイル名のテンプレートを使っているページ

is_category()  //カテゴリーのページかどうか調べる
使用例 is_category( ‘9’ )  //カテゴリーのID9を指定

is_tag()  //タグのページかどうか調べる
使用例is_tag( ‘mild’ ) // mildのスラッグのついたページを指定

その他

いくつかのIDを指定する場合には『,』カンマで区切ることで行うことが出来ます。またID以外にも直接タイトルを入力したり等の自由度もありますので色々と凝った条件文も可能です。

一緒に読まれている記事

関連する記事

  • きちんと結果を出せるホームページにしたい
  • 今のホームページを新しく作り替えたい
  • ホームページをもっと効果的に運用したい
  • ホームページの定期的アドバイザーが欲しい

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

弊社はホームページの悩みをすべて解決します!

ご相談は下記からお気軽にご連絡ください!